放射線科へ転職

放射線科へ転職

医師の転職において、まず意識しておきたいのは、一般的な求人情報として医師の採用情報はほとんど出回ることがなく、特に大病院においては足りない人員は医局から派遣してもらうことが多かったり、中小の病院、医療機関においても少ない人数ながらもなんとか回していると言う場合が多いため、表面上に見える求人の全体数は少なく感じられることです。そのため、医師の転職に際してはハローワークなどから見つけることは非常に困難であるため、医師の転職に特化した支援の場を探す必要が出てきます。近年多く見られるようになったのはインターネット上から24時間医師の求人情報を探すことが出来る医師転職サイトで、まずはこちらの登録から始めることになるでしょう。

転職を機に、これまで携わってきた医療科を離れて別の医療科へ転科を希望する医師も増えてきていますが、これからの新しい治療を担う一つの医療科として放射線科を希望する方も見られるようになりました。放射線科はその名の通り放射線を利用した治療、診断を行う医療科となりますが、実際の就職状況、動向は気になるポイントとなってくるかと思われます。

放射線科の求人はほとんどが画像診断、読影のスキルが求められるものであり、放射線治療に関する求人自体はほとんどないのが現状です。ある程度は人員が揃っていると言うこともあり、大きく求人が紹介されることは少ない傾向にあること、また、特殊な技術が必要でありながらも、全体的な年収は他の医療科と比べると少なくなる傾向にあるようです。

では、放射線科は転職が難しく、年収の少なさから魅力の低い医療科となるのでしょうか?と言うことにおいては、はっきりとNOと言えるでしょう。放射線科は一般的な外科や内科に比べて新しい分野であり、現在進行形で様々な研究が続けられながら発展している分野です。そのため、将来性と言う点においては期待できる要素も大きく、今から放射線技師としての技術を学ぶ、放射線科に長く携わるための知識を吸収すると言うことは、将来に向けて大きく有利になる可能性が高いと言えるのです。

現状においては求人数自体が少ないものの、医師転職サイトなどからキャリアコンサルタント制度を利用し、しっかりと相談し合いながら転職へ向けての活動を行うことにより、狭き門となりがちな放射線科においても転職のチャンスは十分あります。また、キャリアコンサルタントによっては非公開求人と呼ばれる、表では出回らない求人情報を数多く持っている場合もあるので、熱意を持って転職のための活動を行っていくことが出来れば、自ずと道は開けていくことでしょう。

医師転職ランキング ※最新の人気エージェントはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■医師転職専任のキャリアアドバイザーが紹介する、厳選された求人は魅力的なものばかりです。
求人情報数は常時1万件以上もあり、一般公開されていない非公開の特別求人も多数あり!
■医師専門の転職支援で30年もサポートしてきたノウハウを活かし、理想の転職を叶えます。
リクルートグループだからという安心感は抜群!初めて利用する人でも安心です。
■登録にかかる時間はわずか1分なので、気軽に登録して転職について相談してください。
■勤務医のキャリアと転職に特化した月刊誌「ドクターズキャリアマンスリー」で、キャリア
 アップに役立つ情報をゲット。他にもお役立ちコンテンツ多数なので、目を通してみましょう。
■スマートフォン用サイトも有り。携帯電話よりも便利なモバイルサービスが利用できます。


>>>公式申し込みページへ進む

 ⇒⇒ 人気ランキング(2位〜5位も含む)をもっと詳しく見てみる

▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2013 医師転職ランキング【※人気の求人サイトNO.1は?】 All Rights Reserved.